アクセスランキング

Powered By 画RSS

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

個人・ペアでのMAP別考察Part.5

2009年08月06日 11:22

本日はドリスMAPの考察をしてみたいと思います。


ドリスMAP


このMAPは両端のちょっと手前にツタみたいなものがあり上に上っていけます。

上にはドカンのみがある狭い広場があります。

そしてそのさらに上には広めの場所があります。

このMAPにはドカンが3つあり、最下段の1つと両端の2つの何れかから打ち上げられます。

このドカン、死ぬと同時に入ってしまうとHPが0のまま動けなくなり終了までそのままになるというバグがある為ご注意を。

死ぬ寸前にドカンの付近にいる場合はガードせずに素直に死んだ方がいいでしょう。



個人


このMAPは左右に窪んだ部分があります。

その部分でしゃがんでいる状態の時は相手の攻撃があたりません。
(マイスターのプッシュ、スキルなど一部は除く)

この部分でダメージを与えるにはまず窪みに飛び込まないといけません。

つまり相手の行動は簡単に読むことが出来ます。

相手がジャンプした場合、スキルを撃ちながら降りてくる。

逃げるのを予想してスキルを撃たずに飛び込むだけ。

この2パターンになると思います。

どちらにしても相手がジャンプした以上方向は変えることが出来ず飛び込むしかないのです。

そして上からの攻撃。

ここまで考察して来ましたが上からの攻撃=アイススピアーとなります。

しかしここで注意が必要なのは相手は自分の真上に居るということ。

もし自分が壁際に居る場合アイススピアーを撃っても当たりません。

少し移動をしてからアイススピアーを撃たないと逆にやられてしまいます。

もし移動が間に合わない場合は素直に逃げる行動に出た方がいいでしょう。

タイミングを合わせて打ち上げをした後逃げるというのが安全かもしれません。

移動術で逃げるというのが一番安全ではあります。

さらに相手を壁に追いやることが出来形勢逆転になります。

当然相手はこちらを追いかけようと迫ってくることでしょう。

窪みから出る際に必要なジャンプ。

それにタイミングを合わせてアイススピアーを当てられるのがベストだと思います。

そして起き攻めのヘイルを合わせられれば完璧だと思います。

その相手の順位が1位だった場合、悪魔の演奏で足止めというのもありかもしれません。

そして隙あらば他の2人を漁夫。

先に行動できるのはこちらになるので相手のHPが見える場所に2人が居たらHPに気を配ってうまく漁夫出来るといいでしょう。

ヘイルストーンで攻めてうまく倒せるようにしましょう。

全MAP共通の事ですが、アイスストームを使うというのも一つの手です。

アイスストームは一般フィールドと同じく凍りつくと他の人の攻撃が当たらなくなります。

つまり安全に漁夫出来るということです。

しかし、タイミングは難しくドリスの場合だとツタを使ってうまくアイスストームの隙をなくしタイミングをピッタリ合わせられるといいかと思います。



MAPの性質上アティは回復をとてもしやすく比較的粘ることが出来ます。

HPがピンチになったらドカンに入るなりツタを上って上に逃げるなりをして安全に回復します。

上まで追ってくる人は結構稀で成功率は高いです。

だからと言って逃げてばかりいては総合的に負けてしまいますので時には潔く死ぬことも必要です。


ドカンは落ちてくるまで無防備になる為あまりお勧めは出来ません。


攻撃する際はツタをうまく使うと便利です。

そのままジャンプで後ろに回りこむと見せかけて一度ツタに捕まりフェイントをかける。

その逆でツタに捕まると見せかけてそのまま素通り。

同じ事ばかりでは読まれてしまいますのでうまく混ぜていくといいと思います。





ペア

基本は個人の時と同じです。

そして玄室に近い動きになります。

壁に相手を追いやったら悪魔の演奏で動きを封じます。

しかし玄室と違う点はジャンプをしないと逃げれないという点です。

悪魔のダメージのタイミングを音でしっかり合わせられる人は抜けられるかもしれませんが、

それは至難の業です。

普段使ってるアーティストの人ですら多分完璧に合わせられる人はいないと思います。

ダメージを食らいタイミングを合わせるのは至極簡単な事ですが音のみで判断というのは辛いです。

つまりジャンプをしないと逃げれない+タイミングは合わせられない。

=ジャンプのみでは逃げられないということになります。

バックダッシュや移動術では簡単に逃げられますがタイミング次第ではそれも難しいです。

じりじり近づくことも出来ないので非常に相手としては厄介です。

味方が居る今回のペアでは悪魔の演奏でダメージを与えるのではなく相手の動きを封じる為に使います。

相手は動けば悪魔のダメージ。

動かなければ味方の攻撃で削られていきます。

これはうまく使っていきたいところです。

あとペアでは個人の時みたいに一人逃げていき回復をするということは避けましょう。

さらに言えばドカンに入ってしまうことも避けましょう。

飛ばされたらその間味方は1対2で相手をしないといけません。

その点は十分注意するべきだと思います。

あとは基本他のMAPと一緒だと思いますので省略します!



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://merusera.blog85.fc2.com/tb.php/35-532cf91a
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。