アクセスランキング

Powered By 画RSS

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上級狼での他職視点からのミンスについて

2010年09月13日 15:30

いつもミンス視点からばっかり書いていますからね。

たまには他職視点からで!



ミンスは基本的に1PTに1人しか居ないので他のミンスの立ち回りとか全く分からないですよね。

ミンス2人居たとしてもそれはまたそれで立ち回りが変わってきますし。

私もミンスのみやっていた頃には分からなかった色々な事が分かるように。


ルーインとスラッシャーからの視点からしか分からないですが・・・!





では最初から順に・・・


これはスペックなどでロード時間の差があるので人によって違うかもしれないですが・・・

ミンスの方が率先して集めるパターンが結構多かったりします。

PTメンバーの方にロードの早い人や率先して集めに行く人が居ればその限りでは無いですが。


ミンスが集めるパターンの場合まず壁に集めると思います。

この時に水魔法持っている方はアイスストームでタゲを取ると狼の攻撃の始動が遅いので補助中吹き飛ばされて補助がかき消されたという事がないので便利かもしれませんね。

集めた後のセブンサインのタイミングですが・・・


これが範囲の狭い職業だと結構影響が出てくるんです。

特にスラッシャーみたいな範囲の狭い5次の場合。

狼  狼狼狼民|壁


と言うように一匹や二匹遅れてくる狼いますよね。

この状態でセブンサインを発動。

しかしセブンサインの範囲が広いので普通に当たってしまいます。

ただそれはセブンサインだから当たるのであってパラノイアでは当たらない範囲。

結果離れた数匹だけ当たらずに残ってしまう事が多々。


ウガ5次を狙っている人でも同じですね。

タゲ数が5なのでなるべく全てを巻き込んで少しでも発動率を上げられるようにしたいところ。

一匹だけ離れているとその敵を巻き込む事が出来ずに1匹分発動率が減ってしまいます。

集まるのを待っているとウガを持って構えているのでその敵が集まるまで何も出来ずに棒立ち状態に。

ウガ無しで短剣5次を狙う人も同じですね。

ミンス的には当たるのでいいかもしれないですが他職からすると困る面もあるんですよね。

その残った一匹に発動が長い石弓5次が潰されたり。



他職の立場になってこれは気づいたのですが、ミンスの時代は普通に即5次打っていましたね・・・





補助の順番はメンツによって全く違うのでこちらについては何も・・・!

どちらが先の方がいいのかは毎回変わるので難しいですよね。

速いPTではマッスルまでに無理に全部かけようとせず、マッスルまでにどちらか一つ。

マッスルが止まってから2種目の補助を、と言う感じが最近の主流でしょうか。


あとはミンスの方が落ちて戻る時、他のメンツは竹で待っていると思います。

ここでまず最初にヒールをしてAPを溜める方と力みなぎるをかける方。


両方かかるのを待つ人は結構少ないんですよね。

どちらか片方がかかったら5次打って壊す人が結構多いかと思います。

そうなった時に力みなぎるを後回しにすることで危険が増えたりします。

和合は5秒で終わりますし全回復もありますからね。

ここでは先に力みなぎるを先にかけておいたほうがいいのかなとは思います。

AP溜める時間も結構かかりますからね。

竹壊れてから5次打って少し回復や攻撃してるだけですぐ溜まりますし。

竹壊れてすぐからヒール全開じゃないと厳しいメンツの場合はその限りでは無いですが。





では竹を壊して以降へ。

ここもメンツによって分かれますよね。

5次で即パーシバルの殲滅が余裕なPTなら竹が割れた瞬間にセブンサインを撃ってタイガーの動きを止める人。

タイガーが出てきたら安息で散らばるのを防ぐ人。

パーシバルの残りをセブンサインで殲滅する人。

大体こんな感じが多いと思います。


ここではこういうタイプがあるよ、くらいに思ってもらえればいいかと!


パーシバルが物理無敵を使った後に安息で眠らせると無敵の間物理攻撃では起きないので無敵が切れてから安全に倒すことが出来たり!

そのあと悪魔の演奏などで起こしてしまったら意味が無いですが・・・w





最近はあまり見ない形かもしれないですが、それでもたまに見る事もあるので一応。


壁|味敵敵 民


と言う配置。

民が安全にヒールを行えると言う配置ですね。

民の方のレベルが低かったり体力に自身が無かったり。

そういう時に多い配置でしょうか。


この配置がいずれこうなるんですよね。


壁|味敵敵 民敵敵


民側に敵が行ってしまうパターン。

この時に味方側に動いて合流出来る方はいいですがそのままの状態でヒールをする方。

民的にも味方的にもマイナスでしかないですよね。

民の方が敵をずっと抱えてしまうので民の方が死にそうになってしまう恐れが。

味方の目の前の敵が居なくなったら味方は民の所まで動いて行き、結果散らばりやすい形に。


逆のパターンもありますよね。


壁|民味敵敵敵


の時、敵が離れていった場合壁からはちょっと離れますよね。


すると


壁|民 味敵敵敵

となるわけですが敵が動いて行き・・・


壁|敵民 味敵敵


となる場合も。


この状態でヒールをしていると左側の敵だけが残ってしまうことに。

敵の誘導がうまく出来ると一緒に殲出来るので味方としてはうれしいですよね。



あとはひたすらヒールでしょうか。

カメ付近になってきたらいつでも動いたりヒールが出来るように水魔法は控えめにし、余裕な時でも悪魔の演奏を主体にし、いつでもヒールが出来るように備えられるといいかもしれないですね。

ミンス的にも味方的にも死亡率が減るかと思います。

ミンスやっていた時は少しでも火力に貢献を・・・

と思って攻撃ばっかりしていましたが実際他職に回ってみると安定したヒールが受けられるのが一番うれしいんですよね。





最後に狼について。

過去画像を拝借・・・


2_20100902202455.jpg


基本こんな形で戦うのかな・・・



ミンスだけはなんとしてもサイレンスにかからないようにしたいものですね。

回復さえしっかり出来れば死ぬ確率も減りますしね。

安息成功させられるならそれが一番いいとは思いますが自信が無い場合。


HPが体の真ん中にあるので攻撃もこの辺りで当たるのかと思いきやお尻の付近でもダメージ与えられるんですよね。

なので見た目より結構遠くからでも悪魔の演奏が当てられるんです。

悪魔の演奏が届く範囲ならば安息の演奏も届く範囲なので距離的には問題無いのです。

さらにこの範囲よりもサイレンスの範囲の方が狭いので安全に安息の演奏が出来ると言うわけですね。



ちょっと長くなりましたがこの辺りで・・・

何かありましたらコメント頂ければ・・・!



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://merusera.blog85.fc2.com/tb.php/355-d485cb87
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。